RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

薩軍

Yet Another JUGEM.
<< 「フェラクティと西郷隆盛」 | main | 「FFF」 >>
「アンダルシアのスパニッシュソング、カラクタのナイジェリアッシュソング」
0
    「アンダルシアのスパニッシュソング、カラクタのナイジェリアッシュソング」

    暑いと思われていた日々も、最近では朝、夜めっきりと涼しくなりました。
    どうやら季節は「暑は夏い」から「秋わいわい」へと移っていったみたいです。
    この夏はフェラクティに始まりフェラクティに終わりましたが、まだまだフェラクティブームは続きます。
    何しろ今月末には息子のフェミクティも来ることになってます。
    その一週間後にはポーグスもやってきますが、両方行くのは難しいので、今回はやっぱフェミクティです。
    そういえば、最近キーラというアイリッシュトラッドバンドのCDを聞いているのですが、これがどんな音楽かというと
    ケルトのフェラクティといったところでした。
    ケルトなフレーズが盛り上がるわけもなく、延々と続きます。
    ポーグスから入っていったら、きっと「つまらん!」で終わったかもしれませんが、今の私の耳はフェラクティですから、
    季節が秋へと変わる中、DJがターンテーブルをフェラクティからキーラへと繋いでいきそうです。

    と、前置きが終わります。
    すでにHPで告知されている通り、来月20日より、アグヘタの三男ディエゴがやって来ます。
    今回はライブの他にクルシージョ(カンテ講習会)も行いますので、
    カンテを習っている方は是非、この機会をお見逃しなく!
    アンダルシアまで行かないと受ける事の出来ない講習会が日本で受けることができるのです。
    これは浮いたお金でアフィシオンレコードのアグヘタ4部作を買っても、
    まだまだおつりで、香港三泊四日お買い物ツアーや読売巨人軍グァムキャンプおっかけツアーが可能です。
    未買の方は、この機会に是非お求め下さい!?

    ツアータイトルは「アンダルシアのスパニッシュソング」。
    これは「LOS AGUJETAS EN JAPON」のサブタイトルからのもの。
    で、これの元ネタは、クラッシュの「LONDON CALLING」の6曲目「スペイン戦争」の歌詞の始め
    ♪スパニッシュソング イズ アンダルシーア
    からの引用であるが、今まで誰からも指摘されたことがないので、ここで報告します。

    ちなみにCDタイトルも当初はパコをイメージして、同曲の原題「SPANISH BOMBS」にする予定でしたが、
    丁度その頃、マドリードで列車爆破テロがあったため自主規制したのも合わせて報告します。

    さあ、東京、福岡近郊の皆さんは是非、遠方の方も気合い一発、
    当日、会場でお会い出来ることを楽しみにしております。


    | - | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://satsugun.aficionrecord-ezln.com/trackback/220165