RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

薩軍

Yet Another JUGEM.
<< 【皇室100年安泰家系図】 | main | 【スクープ!街頭で宮内庁が隠していた情報を提供したら「女性宮家・女系天皇」反対が90%だった】 >>
◎緊急拡散宜しく《『ひと目でわかる皇室の危機〜天皇家を救う秘中の秘』は、小林よしのり氏への警告の書でもあります》
0

     

     

     

     

     

    ◎緊急拡散宜しく《『ひと目でわかる皇室の危機〜天皇家を救う秘中の秘』は、小林よしのり氏への警告の書でもあります》


    ■小林よしのり氏は、旧皇族の方々を「どこの馬の骨」と
    『SAPIO』(2010年6月9日号61頁)で揶揄しておりましたので、
    『ひと目でわかる皇室の危機〜天皇家を救う秘中の秘』は、
    小林よしのり氏の皇室関連本にトドメを刺してあります。

    小林氏は、『ひと目でわかる皇室の危機〜天皇家を救う秘中の秘』が一般化すると、
    二度と皇室について語ることは出来なくなるだろうと思っておりましたが、
    拙著がもう少し早く出版されていたら
    小林氏の新刊本『天皇論「日米激突」』(小学舘新書)は、
    企画段階で流れたと思うと悔やまれます。

    出版不況の中、出版社は過去に数字を残した執筆者とタイトルに頼るのは、
    発想力のない編集者の考えることのようですが、
    この安直な行為が出版不況の源泉なのです。

    小林氏の著書が、我が国を代表する巨大出版社である小学館から出版となると、
    相賀昌宏小学館社長が【日販】の相談役に名前を列ねており、
    優先的に全国の書店に配本されるシステムになっているのが、
    我が国の出版業界の実体なのです。

    最近、小学館は、韓国を揶揄した『週刊ポスト』が謝罪したり、
    『SAPIO』が廃刊になったり急激に左旋回していますので、
    【日販】と小学館はお仲間ですので、
    小林氏の著書は全国の書店で平積みになり
    拙著は、どこでも目に触れることはほとんど無いでしょう。

    このような実体の中で、それではアマゾンの『天皇制』部門はどうなっているのか、
    小林氏の著書が今日出版されますので、さっそく2位になって競り合う形になるでしょうが、
    最終的に一週間後に小林氏の著書がアマゾンでも上回ることになると、
    「令和の道鏡一派」とのバトルでも後塵を拝することになり、
    世論戦でも敗けることになりますので、覚醒されていらっしゃる良識派国民は、
    よりいっそうの情報の拡散を宜しくお願い致します。

     

    今週収録の動画は以下のものです。


    ◆フリー動画【水間条項国益最前線】第149回「令和の道鏡一派粉砕・他」

    ニコニコ動画版
    https://www.nicovideo.jp/watch/1570101903

    YouTube版
    https://www.youtube.com/watch?v=wZpIfKE-KkM


    ◆【水間条項国益最前線】会員動画第149回第2部「今やるべきこと 銑・作る会は道鏡一派と認定」
    https://www.nicovideo.jp/watch/1570105263

     

    ニコニコ動画で会員動画を視聴するための手順はこちら。
    http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3231.html

     

     

    | - | 19:49 | comments(0) | - | - | - |