RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

薩軍

Yet Another JUGEM.
<< 「ヘイトスピーチ!?」 | main | 「ロックンロール」 >>
「音楽に国境はない」
0

    「音楽に国境はない」

     

    表題の「音楽に国境はない」は、反日左翼が火病を起こしていた安

    保法案が可決されそうな時、某出版社社長から出たセリフだ。社長

    は団塊ッ子である。
    社長は、反日左翼な九州の地方新聞のインタビューに答え、自分が

    関与している某国の慈善活動も、日本が戦わない国だから、テロの

    危険からも守られている、それがこんな法案が通ってしまっては、

    今後は危険だと答えたそうな。左翼新聞の世論操作に一役買ったわ

    けですな。ちなみに、たしか民主党が日本を壊していたころ、その

    活動に従事していた若者の一人が、現地テロリストの営利目的の誘

    拐事件のために尊い命をなくした事実がある。
    私が左側にいると思っていた社長は、私が法案支持であることに怪

    訝な表情をし、「君がそんなことを言うとは以外だ。音楽に国境は

    ないじゃないか」と表題のジョン・レノンみたいなことを仰り、以

    後、社長とは会っていない。
    音楽に国境はない。確かに国境はないだろう。しかし、世界中にあ

    る音楽が幸福の産物であるかというと、残念ながら、不幸の産物で

    あるのが、世界史の真実である。そう400年に渡る白人による植

    民地支配を、人種差別を抜きに、今存在する音楽を語ることは出来

    まい。逆にきれいごとを言いたいなら、白人が植民地支配を始める

    前に世界各地で奏でられていた音楽を、白人による搾取と差別のな

    かった世界史での、それらの音楽の幸福な融合を想像してごらん。
    日本の伝統的な音楽は、他の国のそれに比べて、パワーにかけると

    言った人もいたが、それは、他国に比べ、日本人はブルースを吐か

    ねばならない程、酷い目にあわなかった、それは今年で2678年、

    天皇陛下の大御宝であった幸福の結果であると理解したらよろしい

    と答えておいた。そして今の日本人が幸福でいるためには、つまり

    は、チベットやウイグル、南モンゴルのような憂き目に合わないた

    めには、安保法案が必要不可欠であることを、国境を超えてやって

    きたチベットの音楽を聞きながら、社長には、団塊左翼の諸先輩に

    は、今一度考えてもらいたいものである。

    | - | 18:25 | comments(0) | - | - | - |