RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

薩軍

Yet Another JUGEM.
<< 戦争画 | main | ●爆弾情報転載フリー《朝日新聞築地本社の国有地払い下げは森友問題なんて可愛らしい疑惑だらけの犯罪そのものだった》 >>
自衛隊はアンパンマン
0

     

    「自衛隊はアンパンマン」

     

    憲法9条が絵空事の紙切れに過ぎない事が幼稚園児にも理解出来る

    話を、幼稚園児達のヒーローであるアンパンマンに登場願ってした

    いと思う。さあ、今から精神のハードルを幼稚園まで下げるのでそ

    のつもりで。
    ちなみにアンパンマンのリアル世代ではないので、細かいところに

    間違いがあると思うが了承されたし。さあ、みんな行くよ!

     

    ♪ちゃんちゃんちゃららららっちゃ、ちゃーちゃちゃちゃちゃー♪
    ある日、ジャムおじさんがみんなを集め、こう発表しました。
    アンパンマン、バタコさん、チーズ、食パンマン、カレーパンマン、

    メロンパンナちゃん、村の動物、みんないます。
    「みんな聞いてくれ」
    「どうしたのジャムおじさん」

    アンパンマンが代表して聞きました。主役ですから。

    「ワシはみんながいい子なのは知っているが、それでもたまに悪い

    子になって、友達をいじめたり、喧嘩をしたりする。それはやっぱ

    り良くないことじゃ。そこでどんな争い事になっても、喧嘩みたい

    に力を使うんじゃなく、話し合いで仲良くなるようにしようという

    ルールを作ろうと思うんじゃが、どうだろう」
    「それはいいルールね」バタ子さんが言いました。
    「喧嘩すると痛いもんね」とカレーパンマン。
    「ジャムおじさん素晴しい考えです。みんな賛成です」アンパンマン

    が代表して答えます。主役ですもん。

    「ワン!」チーズも異論ないようです。
    「よし分かった。みんなありがとう」
    言うとジャムおじさんは紙に何かを書きました。
    「出来たぞ。これがわし達の約束じゃ」
    紙にはこう書かれていました。

    ”私達はどんな争い事になっても、力は使いません。相手のことを信

    じて話し合いをして仲良くなります”
    みんな声に出して読んでみました。何て素晴しい考えなんでしょう。

    みんな心から思います。誰からもなく笑顔が浮かんできます。
    さて、そんな事があってから幾日が過ぎました。
    何事もなくこのまま月日が過ぎ去ればいいのですが、アンパンマン

    の世界もいつも平穏というわけではありません。「はひふへほ〜」

    のあの人がかき回してくれないとみんなだって面白くないでしょ。

    でも申し訳ないけどバイキンマンは諸事情でお休みです。変わりに

    同じ「はひふへほ〜」系の和田アキ子さんと同じ故郷出身のキムチ

    マンとその兄貴格であるシナチクマンが登場します。キムチマンに

    シナチクマン。何かアンパンマンよりキン肉マンに出てきそうな名

    前ですが気にせず先に進みます。
    「おいキムチマン」
    「なんですかニダ。シナチク兄貴」

    「アンパンのところは、今、何をされても喧嘩しないというバカな

    ルールを作って、まじめに守ってるアルよ。今がチャンスある。大

    暴れしてあいつらを俺たちの召使いにするアルヨ」
    「それはいいニダ。約束を守るなんてバカニダ。約束は破るために

    あるニダ」
    残念ながらアンパンマン達と違い、シナチクマンやキムチマンには

    生まれながらに約束を守る、みんなで協力するとかの発想はありま

    せん。ひたすら自分達さえ良ければ他の人はどうなろうと構わない

    という身勝手な考えしかありません。皆さん。アンパンマン達の作

    ったルールも周りにこういう輩がいたのではかえって危険ですね。

    思いませんか?
    シナチクマンとキムチマンは村にやって来ると、誰からとなく襲い

    かかりました。
    みんな怯えて泣き出しました。
    「アンパンマン。大変。みんなが襲われてるわ。何とかして!」
    バタ子さんがアンパンマンに助けを求めました。
    「でも、争いに力を使ったら駄目だって約束があるし…」

    アンパンマンもいつものように戦ってみんなを守りたいのはやまや

    まですが、約束があります。
    「わーん。わーん。怖いよー。助けてアンパンマン!」
    村の子供達の泣き声と助けを求める声が聞こえます。
    「どうするの!アンパンマン!」
    「分かったよ。バタ子さん。あんな約束はどうでもいい。僕はみん

    なを守るために戦う!」言うやアンパンマンは颯爽と飛び出し、シ

    ナチクマン達のところに向かいました。
    「ニダニダニダニダ」「アルアルアル」シナチクマンとキムチマン

    はキン肉マンに出て来る悪行超人のような奇怪な笑い声を発してい

    ます。

    「待て!シナチクマンにキムチマン!これ以上好きにはさせないぞ!」
    「アルアル。戦うことはルールで禁止ではないあるか?」
    「そうニダ。ルール破りは人もどきの始まりニダ」
    キムチマンさん、自分のこと言ってませんか?
    「黙れ!あんなルールよりみんなを守る方が大事なんだ!くらえ!

    アンパーンチ!」
    「ニダ〜〜」
    「アル〜〜」

    自分より相手が弱いと見るや強く出る一方で、自分より強い相手に

    はからっきしヘタレな二人は、アンパンチを一発見舞っただけでそ

    そくさと尻尾をまいて逃げて行きました。
    逃げる二人を見つめるアンパンマンはどこか辛そうな顔をしてます。

    どうしたのでしょう?
    「アンパンマーン。ありがとう!!」
    シナチクマン達がいなくなって安心したみんながアンパンマンのも

    とに集まって来ます。
    「みんなゴメン。僕はルールを破って戦ってしまった」
    「何を言ってるの。おかげでみんな助かったんだし。アンパンマン

    は悪くないわ」
    「そうだ。そうだ」
    「悪いのはシナチクマンとキムチマンの方だ」
    「あんなルールが間違ってるんだ。紙に書いた約束なんて僕たちを

    守ってくれない」
    「みんな」
    「アンパンマン。みんなの言う通りじゃ」
    「ジャムおじさん」

    「あんな約束をきめてワシが間違っておった。みんなを守るために

    戦うことは何も悪くない。アンパンマン。今まで通り、これからも

    みんなのために戦うのじゃぞ」
    「はい!ジャムおじさん」
    アンパンマンにいつもの笑顔が戻りました。
    「こんな紙切れはこうじゃ」
    ジャムおじさんは約束事の書いた紙をまるめると、パンを焼く窯の

    中に放り投げました。メラメラと燃える炎に焼かれ紙切れは、約束

    は灰となって消えました。
    「さあ、みんなワシが悪かった。お詫びに好きなだけパンを食べてくれ」
    「やったー。」みんな大歓声をあげました。
    ♪ちゃんちゃんちゃららららっちゃ、ちゃーちゃちゃちゃちゃー♪

     

    おしまい。

    | - | 20:45 | comments(0) | - | - | - |