RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

薩軍

Yet Another JUGEM.
<< 海軍という逃げ道 | main | ポストカード作戦 >>
大相撲高校野球から
0

    「大相撲高校野球から」

     

    日本の国体を破壊するため、反日左翼からしきりと女性宮家創設の

    声が上がる。奴さん達の言い草はこのままでは皇室が先細りしてし

    まうからと、もっともらしい言い分なのであるが、そんな問題は戦

    後GHQに皇籍を離脱させられた旧宮家を復活させれば簡単にすむ話

    なのである。旧宮家。そこには将来的に皇統を途絶えさせようという

    GHQの狡猾さと皇統を維持させるための知恵の両方が内存している。
    天皇家と同じく男系(父親を辿れば神武天皇に行き着く)である旧宮

    家の東久邇家には、今上陛下の姉である成子内親王が嫁ぎ、皇太子殿

    下の従兄弟にあたる男子が3名。どちらが天皇家の血が濃いかは説明

    するまでもなかろう。そして、その下の世代にも5名の男子。旧宮家

    全部と言わず東久邇家だけでも皇籍復帰させれば、国体は安泰なので

    あると述べてから本論にはいる。
    私が言いたいのは、事の是非を置いておくにしても、今年で2678

    年も続いてきたものを終わらせてしまう乱暴さである。例えるなら樹

    齢何百年の桜の木をためらいなく切ることが出来ますか?ということ

    である。20年かそこら続いたSMAPとかいうアイドルグループが解

    散するかどうかもめた時でさえ、大騒ぎした国民である。20年に対

    し、こちらは2678年。それに平気でいらるとは到底思えない。

    そこで提案なのであるが、いきなり2678年を終わらすのでなく、

    ある程度長く続いて日本国民になじみのあるものを終わらせてみて国

    民の反応を見るのはどうだろう。
    例えば大晦日の紅白歌合戦。これは案外終了を望む声の方が大きいか

    もしらん。ではモンゴル人の暗躍で腐り切った大相撲をここらで終わ

    らせて見るのはいかが?野球留学で郷土愛のへったくれもない高校の

    売名行為に成り下がっている高校野球を終わらせてみるのもいい。有

    能な野球選手が高校の売名行為のために選手寿命を縮めることも回避

    出来ることだろう。長く続いているということでは、それを中継して

    いるNHKをここらで解体してみるのもいいし、それを主催している朝

    日新聞や毎日新聞もそれなりに歴史(負の歴史だけど)を刻んでいるか

    ら一度、国民の前から姿を消させてみよう。
    新聞つながりで言うなら、読売新聞は女性宮家云々を言うまえに、わが

    読売巨人軍は永久に不滅ですの読売ジャイアンツを球界を代表して終わ

    らせてみてはどうだろう。たかだか昭和一桁からの歴史しかないんだし、

    万世一系の皇統から見れば一瞬だ。永久に不滅であるべきは何よりも皇

    室であるとは思いませんか?ナベツネ君。
    長く続いているといえば習慣もある。何となく支給を続けている在日外

    国人への生活保護を打ち切ってみるのも一興だ。
    政治の世界に目を向けてみよう。どれか長く存続している政党を一つな

    くしてみて国民の喪失感を確認してみようじゃないか。自然消滅しそう

    な社民党や名前を変えてばかりの立憲民主党じゃ意味はない。日本とい

    う国がなくなってしまう事態なんだから日本を掲げている政党をなくし

    てみるのがいいのでは。なんかある?一つあるじゃありませんか。党歴

    が長く、日本を冠する政党が。その名も日本共産党!日本の心を大切に

    する党は短命だったし、しょうがないじゃん、ねえ志位君。
    これら数10年存続しているものを試しに廃止してみる(次はsince江

    戸時代の和菓子屋あたりかしらん)、それで日本国民に何の喪失感も無

    い時に初めて、女性宮家でも女系天皇でも検討すればいいのではないの

    だろうか。もっともこれらがいなくなった時、女性宮家など口にする日

    本国民は一人もいないだろうけど。

    | - | 20:07 | comments(0) | - | - | - |