RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

薩軍

Yet Another JUGEM.
<< 「ビルマの竪琴」 | main | ●全国津々浦々まで拡散希望《皇紀2677年の日本の歴史を平成の国会議員が破壊することを見過ごしては行けません》 >>
「なかった時代」
0
    「なかった時代」

    以下、芸術分野に関して思うことを徒然ざるままに。
    日本人の性格がそうさせてしまったのだろうけど、大いなる誤解が
    表現活動にしなくてもいい屈折を与えて、結果としてそれが作品に
    現れている。そんな時代が二つあると思う。
    一つは幕末以降の文明開化の音を聞いてきた時代。もう一つは戦後
    のGHQによる日本人洗脳計画の効果が見えてきた時代。ま、今だ。
    黒船の影響か、西洋が上でひたすらへりくだり自分を下に置いてき
    た明治大正だけど、ゴッホほか印象派の浮世絵の影響を見るまでも
    なく西洋画など有り難がるものでもないのではないか。第一、茶碗
    かなんかの包み紙に浮世絵を使っていて、それを彼の地で見た画家
    達が「こいつはすげえや」ってオマージュした結果が印象派という
    なら、それを有り難がるなんぞ、笑えない話ではありますまいか。
    上下水の完備した江戸という清潔な都市を持った日本が、クソまみ
    れで、それでハイヒールが生まれたとかいうパリごとき不潔極まり
    ない街を憧れてどうするという話である。
    それでも明治大正の日本人には縄文以来脈々と続いた日本人の誇り、
    気概があるから救いもあるが、駄目なのは、GHQにすっかり洗脳さ
    れた戦後から今の日本だろう。白人様を上に仰ぎ見る一方で、自分
    達はアジアに侵略した悪い国で、それを白人様にたしなめられたと
    信じ切った、卑屈な劣等感を作品に昇華させてきたのが戦後のアー
    トだと言えなくもない。
    仮にアジアに侵略したという、シナ朝鮮や反日左翼がそうであって
    欲しい歴史を日本が実際に刻んだとして、それに恥を感じ自虐的に
    なるのは仕方ないかもしれないが、その憧れて上に見ている白人様
    の国、欧米が、400年に渡り、実際にアジア、アフリカ、南米、
    及び米国国内で、刻んだ真実の歴史を鑑みた時、どうして無垢に憧
    れることが出来るのだろう。
    その芸術家故のナイーブな乙女(byきんどーさん やーねぇ。あたし
    はきんどーちゃん。何の話ですか。いったい)なマインドは認める
    けれども、だとしたら欧米なんぞに憧れているのは矛盾してないか。
    画家なんぞパトロンがいてなんぼ。そのパトロンに養われる出所は、
    とどのつまりはアジア人の南米インディオのアフリカ人の涙と血の
    産物なのではないか。そんなものの上にあぐらをかいて生まれた作
    品をそんなに有り難がることと自国の歴史を自虐的にとらえること
    を、どうやって両立させているのか。相手が青臭い考えだけに、
    こっちも青臭い問いの一つもぶつけたくなるのである。
    例えば、日本人がジャズを演奏するなんてという劣等感(そこには
    自虐史観も大きく影響していることではないでしょうか)を演奏に
    昇華させているピアニストとか、ライブの打ち上げの時に、日本は
    中国(こういう人はシナとは言わない。英語でCHINA(シナ)とは
    言うことに疑問は持たないけど)で極悪非道だったと語り合ってい
    たサックス奏者とベーシストとか知ってるけど(どなたも日本を代
    表するジャズミュージシャンの方々)、あの大東亜戦争は欧米、白
    人の植民地時代を終わらせた解放戦争と捉える方が真実であると思
    うし、アメリカの黒人が公民権を獲得出来たのだって、日本人が乾
    坤一擲、白人に対し、拳を振り上げた結果の延長にある。戦後、ア
    メリカから民主主義を教わったと言われ続けてきたけど、当時まだ
    歴然と黒人を差別していたアメリカの教える民主主義っていったい
    何ぞや。GHQによる洗脳自虐史観でなく、こういう認識で黒人音楽
    のジャズと向き合っていたら、その演奏はどうなっていたのだろう。
    人間の脳というものは、かように誤解によってどうとでも操作され
    る一例を示してはいないか。
    だとするなら、戦後の自虐史観をベースに生まれたありとあらゆる
    表現活動なんぞ、なかったもの、なかった時代として葬り去ってし
    まってもいい。
    そんなことを思う、今日この頃。
    | - | 19:01 | comments(0) | - | - | - |