RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

薩軍

Yet Another JUGEM.
<< 「仁義なき戦い」 | main | 「ビルマの竪琴」 >>
「A&R」
0
    「A&R」

    『A&R』はアメリカの音楽業界を舞台にした小説である。それ自体
    に取り立てて言うことはないが、その中に興味深いセリフがあった。
    あるパーティ会場で、結婚記念日がアメリカの悲劇と重なると愚痴
    る人に対し、登場人物の一人が言うセリフなのだが、以下のように
    言う。
    「ロイス、わしの両親はパール・ハーバーが奇襲攻撃された日に結
    婚したんだ。わしはバターン死の行進のさなかに生まれた。一年の
    どんな日だって、過去をふりかえれば悪いこともあったろうさ…」
    なんと「バターン死の行進」が出てくるではないか。
    「バターン死の行進」は、ハーグ陸戦条約を遵守した日本に対し、
    ことごとくそれを無視して、東京大空襲を筆頭に、日本各地の都市を
    無差別に爆撃し、極めつけに広島と長崎に原爆を落とし人体実験(当
    時のアメ公にしたら動物実験程度の認識かもしれない)をしたアメリ
    カがそれを正当化するために、あるいは本間雅春中将にこてんぱんに
    やっつけられて、泣きべそかきながら「I shall return」とほざいて、
    多くのアメリカ兵を置き去りにしてフィリピンからオーストラリアに
    逃げていったへたれもここに極れけれのマッカーサーが、恨みはらさ
    ずにおくべきかと本間中将を処刑するためにでっち上げた、日本人洗
    脳用のヨタ話かと思っていたが、まさか戦後生まれのアメリカ人が物
    語を執筆する時の教養の一部になっているとは思わなんだ。
    が、よくよく考えると、戦後生まれのアメリカのキッズ達も、ダディ
    やグランパはどうして原爆など使用して沢山のジャップを殺したんだ
    ろう。お猿さん達が可哀想じゃないか。答えてよパパ!ぐらいは思う
    でしょうから、パパ達も、いいかい坊や、ジャップはこんなに酷いこ
    とをしたんだ。そんな悪い黄色い猿のジャップを、パパやおじいちゃ
    んは懲らしめてやったんだよ。と説得するためにも「バターン死の行
    進」は有効だったのであろう。
    その歴史のオリが、現代の何気ない中に登場した一例が先のセリフと
    いうところか。シナや朝鮮が、アメリカで、やれ「南京が〜」「慰安
    婦が〜」とわめいている問題がいつまでも解決しないのは、案外こう
    いうところに隠れている気がする。そして解決への道が遠いことも示
    唆しているように思える。ではどうすべきか。
    虚構には真実で対応するのが一番だ。
    アメリカ軍の戦闘の仕方は、まず人権などないに等しい単なる消耗品
    に過ぎないニガーに突撃させ、迎撃する敵つまりは日本軍の居場所を
    つかんだ後、そこに大量の武器弾薬を投入することで行ってきた。白
    人様は安心して上陸し、ニガーの死体の上を行進する。
    それがジョン・ウェインのアメリカの真実だ。
    まずは意識的なアフリカ系アメリカ人の皆さんにこの事実を知っても
    らい、アメリカ白人の虚構の正義の歴史を引っぱがしてもらうのはど
    うだろう。
    大東亜戦争は1919年、第一次世界大戦後に発足した国際連盟の「パリ
    講和会議」の中で、日本が提案した「人種は平等」に、植民地を沢山
    持っていた英国や黒人差別を公然としていたアメリカが猛烈に反発し、
    握りつぶしたことが、そもそもの発端となる。日本だ、米国だといっ
    た国単位でなく、400年に渡る白人の植民地主義、人種差別の歴史
    の流れの中で、あの戦争を捉え直すと、別の視界が見えてくる。

    Brother & Sister, Fight the power !!
    | - | 20:37 | comments(0) | - | - | - |